広島戦時通信技術資料館 展示ルーム開設(平成26年4月より)


当資料館(展示ルーム程度のもの)では定期オープンはできませんが、メール等での見学要望があるときのみの随時オープン(原則土・日曜日のみ)とさせていただきます。
資料館の特徴としましては、動態保存に力点をおいており、旧軍無線機・アマチュア無線機及び戦時民間ラジオ等による短波帯(アマチュアバンドを含む)や中波などでの受信などの体感が可能です。
とりあえず、未整備ながら仮オープンとさせていただきます。
資料館は土間のスペースしかありませんが、大きく3列の棚として、旧軍無線機、測定及び有線通信機器、戦後の自衛隊の無線機・戦時民生ラジオ及び真空管テレビに分類して配置しています。
また、ショーケースには、真空管やメータ、抵抗器、蓄電器などの部品類と戦時書籍等を展示しています。
まだまだだボール箱に入ったままのものがが多く、整理にはまだ時間がかかりそうです。
なお、当資料館は広島県世羅町にありますが、中国横断自動車道尾道松江線の世羅ICから10分程度のところです。
見学要望者には、後日に詳細な案内をさせていただきます。


資料館展示ルームご案内

所在地 広島県世羅町(詳細は後日案内します)
開館日 原則土・日曜日の訪問希望日のみ開館します。
お問い合わせ先 mailto:minouta17@yahoo.co.jp


展示ルーム案内

展示ルーム外観

展示ルーム


休憩場所



展示ルーム案内

旧軍無線機の展示



測定器や有線電話機等の展示


自衛隊、アマチュア無線機、真空管ラジオ及びテレビ等の展示


軍用の真空管、レーダ関係の真空管及び関連図書当の展示


戦時の民間ラジオの展示


展示ルーム全景


展示品案内

地1号無線機受信機


地2号無線機受信機

超重無線機

車輌無線機乙送信機

99式飛1号無線機送信機

92式特受信機

TM式短移動無線電信機送信機

放送極型123号受信機

八重洲 FR-50B,FL-50B


参考文献

Homeへ

inserted by FC2 system